・貿易関連用語集

用語 の説明


関税
Duty 輸入の際に課せられる税金のことです。


通関
Customs Clearance 輸出入を行うため、税関に貨物の輸出入通関申告を行い、許可がおりるまでの一覧の行為です。


HSコード
HS Code 海外取引で使われる商品分類コードです。輸入者が輸入税率を確認する際に使用します。フォワーダーや通関業者へのお問合せが必要です。
※関連サイト
(1)財務省貿易統計【輸出統計品目表】はこちら
(2)公益財団法人 日本関税協会
【Web輸出統計品目表】規制品目かどうかを調べるにはこちら
(3)財務省貿易統計 【財務省貿易統計】
過去の輸出実績を調べるには→こちら


フォワーダー
Forwarder 海外輸送業者です。輸送費見積、輸出書類作成サポート、通関代行、輸出手配などを行います。フォワーダーは、輸出のエキスパートのため、最新の業界、輸出国、取引傾向などの情報を持っている企業もあります。一般的に乙仲と呼ばれるのは、海貨業者を指します。


クーリエ
Courier クーリエサービスとは、航空便で海外へ書類や小口荷物を届ける民間の配達のことです。小口貨物を扱うスモールパッケージサービスとあわせて国際宅配便サービスと呼ばれます。
混載 輸送業者が、一つのコンテナに複数の顧客貨物を積載して運送する事を指します。


コンテナ
Container 「コンテナ」とは世界中の港で効率的な荷役を実現させるために統一化された輸送容器です。
20フィート(約6m10cm × 約2m50cm × 約2m60cm)
40フィート(約12m20cm × 約2m50cm × 約2m60cm)
40フィートハイキューブ(約12m20cm × 約2m50cm × 約2m90cm)が一般的です。
冷蔵・冷凍コンテナ、衣類用ハンガーコンテナなど、目的別に豊富な種類があります。